スキーのグランドトリック、基本の10の動きとポイントを学ぼう。

スノーボードなどではおなじみのグランドトリックですが、近年ではロッカースキーなどの登場により、スキーでも簡単にグランドトリックができるようになってきました。

スキーのグラトリを行う上で、まずは最初に知っておきたい10の基本的なテクニックをゲレンデで練習しましょう!

この動画では、以下の1から10の動作を紹介しています。

トリック1:「ポッピング」
では、スキーを滑らせながら真上に踏み切ってジャンプし着地します。このポッピングは、キッカーに入るときの踏切りやボックスに乗るときの最初の動作になります。

トリック2:「オーリー」
オーリーは、手を前に大きく振って、少し後ろに傾くようにジャンプすることで、スキーのトップが上がり、その反動で、テールで雪を蹴り上げて、テールもジャンプします。ものを飛び越えたりするときに使うトリック

トリック3:「ジャンプ」
垂直に踏切り、着地も垂直に着地できるように練習するのがジャンプのコツ。すべてのジャンプの基本的な動作になります。

トリック4:「セーフィティー・グラブ」
ジャンプしたのちに、空中でそのままスキー板をつかむトリックです。トリック3のジャンプで垂直に踏み切った後に、脚をさらに引き上げてスキー板をグラブします。

トリック5:「シフティー」
シフティーは、体の軸はまっすぐ前を向き、体をひねって90度スキー板を横にします。モーグルのツイスターのような形で、上半身と下半身を反対方向に振ります。ボックスを滑るときなどにも使います。

トリック6:「スイッチ・後ろ滑り」
後ろ向きに滑る技。パーク用の板などは、前も後ろのスキー板が持ち上がっている「ツインチップ」形状になっており、より滑りやすくなっています。スイッチスタンスでの着地後にこの滑りが有効です。

トリック7:「180(ワンエイティ―)」
ジャンプ後180度回転し、スイッチスタンスに切り替える技です。ジャンプ台でも、平地でもできる技です。

トリック8:「5050(フィフティフィフティ)オンザボックス」
ボックスの上にスキー板を滑らせますが、この際に、どちらのエッジにも乗らずに真上に、スキーの真ん中に乗ってボックスの上で滑らせます。

トリック9:「ボックススライド」
シフティーでボックスに乗り、そのまま横滑りさせた後に、前向きに板を戻してボックスをおります。

トリック10:「ボックススライド・スイッチ」
シフティーでボックスに乗り、そのまま横滑りさせた後に、後ろ向きにスイッチしながらボックスをおります。180度回転させて、ボックスをおります。

これら基本10のトリックをマスターして、さらに次のクールなステップを目指そう!

これらトリックを紹介している「STOMP IT TUTORIALS」では、このダイジェスト映像をより細かく解説したオンライン動画を販売しています。他にも様々なテクニックを取り扱っています。
STOMP IT TUTORIALS
http://stompittutorials.com/

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Site Menu