日本の各地でバックカントリーの事故相次ぐ。海外では死亡事故も。

by snowmaster
0 comment

デンジャー スノーサーチ

誰も滑っていない新雪が滑れるバックカントリースキー。大自然にかこまれ、シュプールの無いゲレンデ外のスキーはとても気持ちがいいものですが、その反面常に危険と隣り合わせの状態です。

1月12日午後には、長野県野沢温泉村でスキー場のコース外を滑っていたフィンランド人の男性6人のパーティーが深い雪にはまり、身動きが取れなくなり、翌13日の午前中にヘリコプターにより救助されるという事故が発生しました。

また、同日、福島県の裏磐梯猫魔ケ岳山中でオーストラリア人の6人組が同様にコース外を滑り、進路を見失い13日の午前7時に救助隊に付き添われながら自力で下山しました。

また、フランス南東部のアルプスの山中では、スキー中の高校生2人とウクライナ人併せて3名が死亡し、3名が負傷するという事故が発生しています。

https://www.youtube.com/watch?v=4EDomPQHbCk

日本のスキー場では基本的にコース外の滑走は認められていませんが、バックカントリースキーなどの場合、その経験の有無や行動計画を提出することで、入山することができます。この場合、バックカントリースキーに関する知識はもちろんの事、装備や事故にあった場合の対処法などしっかりとした知識や経験が身についていないと危険です。

初心者や慣れないうちは、ガイドなどと一緒に山にはいるよう心がけましょう。

[ad#g300]

Related Posts

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください