国土交通省今年から指定区間でチェーンの義務化。スタッドレスタイヤは?

0
279
  • snowmaster
  • Category スノードライブ

国土交通省道路局企画課は2018年11月15日付でチェーン規制などに関する改正案のパブリックコメントを発表し、「タイヤチェーンを付けていない車両通行止め」の規制標識の新設を行い、指定区間にてタイヤチェーンを取り付けていない車両の通行を禁止する事を決めました。

昨年の冬などにも国道で立ち往生が発生するなど大雪の際の交通混乱をさけるために行われるもので、過去に立ち往生がおきたり、急な勾配によりスリップなどが発生しやすい場所およそ20区間を指定して今年度末までに規制標識を新設するとのこと。2018年12月上旬に公布・施行され、来年度以降も指定カ所を増やしていくとの事。

スタッドレスタイヤ着用ではOK?

国土交通省によると、大雪時この規制区間内ではいかなるタイヤでも必ずチェーンを着用しなければならなくなるため、スタッドレスタイヤだとしてもチェーンをまかないとこの区間は通行できなくなるとの事です。違反した場合の具体的な罰則などはまだ明らかになっていないとのことです。

(チェーン規制標識)

今回のチェーン義務化は、2018年11月1日に国土交通省の第4回冬季道路交通確保対策検討委員会で大雪時の道路交通の確保のためにチェーン規制を実施すべき旨が示されたことを踏まえ道路標識、区画線及び道路標示に関する命令の一部を改正することが発表されました。

スキー場に行くまでの道路でも指定道路が増えてくる可能性があります。スタッドレスタイヤを着用していたとしてもタイヤチェーンの携行は必須になります。安全のためにもチェーンは用意して、出かける前に必ず試着を行い、雪道に備えましょう。

国土交通省のパブリックコメント
チェーン規制などに関する改正案のパブリックコメント(PDF)

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください