ツールバーへスキップ
かぐらサマーゲレンデ

夏でもスキーのトレーニング。サマーゲレンデを楽しむための準備と注意点

近年スキー場の夏営業として注目を集めているサマーゲレンデ。スキーヤー・スノーボーダーにとっても夏の期間にもスキーやスノーボードのトレーニングができるとあって、夏を待てないスノーフリークが集まっています。

サマーゲレンデはグラススキーのようにキャタピラのついた特殊な板を利用するのではなく、普通の板で滑るため夏のスキーに限りなく近くなっているものの、夏季に滑るため装備が少し違ってきます。楽しく滑れる反面、しっかり注意しないと大きな怪我につながります。

そこで、サマーゲレンデを楽しく利用するために注意しなければならない点をまとめてみました。

まずは、サマーゲレンデの仕組みを知ろう!

サマーゲレンデにはPIS LABと呼ばれる次世代スキーマットが採用されています。このマットはスキー用品などの製造販売でおなじみアルペンが開発したもので、もともとは少ない雪でも滑れるようにと開発されたマットで、プラスチックでできたブラシのような突起物が沢山あり、地面からの地熱を遮断して雪を溶けにくくし、雪がなくブラシがむき出しになってもその上を滑れるというものです。

PIS LAB

これを夏の雪のない時期にそのまま使ってしまおうというのがサマーゲレンデの発想です。ただ雪のない時期にプラスチックのマットの上にスキー板をおいても良く滑りません。サマーゲレンデは滑りが良くなるように数メートル置きにスプリンクラーを設置して水をまいています。つまりサマーゲレンデはワックスがけされた通常の板でゲレンデに敷かれたPIS LAB製のスノーマットに水を流しその上を滑ります。

スプリンクラーで、びしょ濡れに。そして硬いゲレンデ。服装には注意を!

サマーゲレンデでは数メートル間隔でスプリンクラーを設置して水をまいています。なるべく広範囲に水をまくためにかなり高い位置まで水が飛んできます。ときには顔にあたって前が見えなくなる場合もあるくらいです。サングラス、ゴーグルなど水が目に入らないようにするための保護も重要です。

もちろん通常のウェアでも良いですが、GOA-TEXなど水まで完全に弾くような素材なら良いですが、浸透圧の高いウェアでも水を含んでしまいます。また夏季にウェアを着れば当然内側が汗でびしょ濡れになります。

薄着は危険!「転ばない!」と自信があっても肌は出さないように!

サマーゲレンデで利用しているPIS LABのスノーマットは先にも説明したとおりプラスチック製です。これがむき出しになっているわけですから、転んだら直接このプラスチック製のブラシが当たります。雪のように柔らかいものではないため、衝撃もものすごく強いものになってきます。肌が直接ふれれば当然摩擦で肌がやけたり擦りむいたりします。

手をスノーマットにつくことを考慮して、使わなくなったグローブ、もしくはホームセンターなどで売っている厚手のグローブなどで手をカバーすることも怠らないでください。

理想は登山用ウェア。ラッシュガードなどでも可

スプリンクラーでびしょびしょになり、PIS LABの硬いゲレンデでは、水をはじき、かつ転倒時にプラスチックで擦れても破れたり肌を傷つけないような素材がもとめられます。理想は登山用の撥水性、速乾性と耐久性に優れたタイプのパンツですが、ない場合は長袖のラッシュガードで肘・膝当て、ヘルメットなどを着用して摩擦や衝撃に備えましょう。スキーのブーツを守るためには、ウェアパンツがブーツの外側にかぶるようなタイプのものが必要です。

くれぐれも、Tシャツ短パンなどの軽装に肘・膝当てをしただけのような格好は控えましょう。

SUKUTU(スクツ) 春夏 ソフトシェルパンツ 防風 抗紫外線 耐久性 ロングソフトシェルパンツ  メンズ レディース 徒歩 アウトドアソフトシェルパンツ 登山ズボン アウトドア 男性用 女性用 登山ウェア ランニング 徒歩 速乾 防撥水 (メンズL, ブラック)

板やブーツはレンタルが良いか?

サマーゲレンデで心配なのは、冬に使っているギアをそのまま持っていって良いかというところでしょう。雪と比べて硬い表面を滑るサマースキーはスキー・スノーボードの板を冬のゲレンデよりも消耗させます。しかしながらレンタルで滑るのでは自分のギアの感覚から離れてしまうためにつまらないものになってしまうかもしれません。下の写真のようにハーフパンツでは水がインナーブーツにも直接あたり、滑っているうちにインナーブーツが水を沢山含み、ブーツを悪くしますが、ブーツの上からカバーするウェアを利用していればブーツのインナーに水が染み込む事がないため、自分のブーツの利用も選択肢に入ってくるでしょう。

サマーゲレンデのギア

ブーツはスキー・スノーボードのギアの中でも体に一番近い部分です。ブーツだけは自分が普段使っているものを利用することにして、板はレンタルまたは、現在自分が使っていない昔使っていた板などがあればそれをサマー用にして利用することをおすすめします。

サマースキーの注意点や用意をまとめると

  • サマーゲレンデは必ずびしょ濡れになるため、水で濡れても良い服装で滑る。
  • スノーマットは硬いプラスチック
  • 転倒時には強い衝撃と摩擦が予想されるため、肌の露出は避け、水を含み・または弾じき、摩擦で切れにくい服装がよい。また厚手の手袋も必須です。
  • サマースキーではギアの摩耗が激しいため、スキー・スノーボードの板はレンタルまたは主力で利用していない板を「サマー用」にして使うのがおすすめ。
  • ブーツも現在利用していないものがおすすめ。現在利用している主力のブーツを使うならインナーなどが水を含まないようにパンツの防水をしっかりすること。

特に転倒対策は十分にとってください。硬いゲレンデに手をつくと強い衝撃で筋を伸ばしたり、突き指などの可能性も考えられます。

対策を十分にとれば、夏にこれほど冬のゲレンデに近い状態で滑れるチャンスはありません。安全でたのしいサマースキーを楽しんでください!

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Site Menu