日本最大級のスノーリゾート「志賀高原」が全山統一オープン!

日本を代表する広大な面積のスノーリゾート「志賀高原が」12月3日(土)に2016-2017シーズンの統一スキー場開きを行いました。

志賀高原スキー場は、奥志賀、焼額山、一ノ瀬山の神、一の瀬ダイヤモンド、一の瀬ファミリー、タンネの森オコジョ、寺子屋、高天ヶ原マンモス、東館山、西館山、発哺ブナ平、ジャイアント、蓮池、丸池、サンバレー、木戸池、熊の湯、横手山、渋峠という19のゲレンデをもつスキー場です。

雪質の良いエリアとして世界的にも知られているスノーエリアで、近年では外国人スキーヤーも多く訪れるスキー場です。

12月3日のオープン時点では、焼額山の一部、熊の湯の一部、高天ヶ原マンモススキー場の一部、一の瀬ファミリースキー場の一部ゲレンデが滑降可能となっていて、すべてのエリアが滑れるグランドオープンは12月23日(降雪次第)を予定しています。

志賀高原スキー場の公式サイトでは、各地に設置されたライブカメラの映像で、スキー場の様子を見ることができます。

志賀高原:ライブカメラ(http://www.shigakogen.gr.jp/live/index.php

詳しいリフトの運行状況は公式サイトで!
http://www.shigakogen.gr.jp/

▼志賀高原スノーリゾート

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Site Menu