スタッドレスタイヤの通年使用もアリ?

スタッドレスタイヤの寿命は、他のサマータイヤ(スタッドレスタイヤを除くタイヤの総称)とは確認方法が異なります。

溝の深さが 1.6mm以下になると使用できないサマータイヤは、サイドウォールの「△」マークが示す接地面の溝に「スリップサイン」が設けられていて、これが接地面と同じ高さになるまですり減ると整備不良として使用禁止になり、車検も通りません。

studlessスタッドレスタイヤには「スリップサイン」とは別に、サイドウォールの「↑」マークが示す接地面の溝に「プラットホーム」も設けられていて、この部分の深さは新品時の溝深さの 50%で、これが接地面と同じ高さになるまですり減るとスタッドレスタイヤとしての性能が保証されません。しかも、たとえ走行距離が短く、溝が残っていても、ゴムが経年劣化で硬くなり、ひび割れができると、凍結路でのグリップは極端に低下してしまいます。但し、「プラットホーム」が接地面と同じ高さになっても「スリップサイン」上の溝が残っていれば、法規上サマータイヤとしては使用できます。

スタッドレスを通年で使ってしまってよいのか?

一般的にスタッドレスタイヤはサマータイヤと比べて、ウエットでのグリップが低く、制動距離も長いとされていますが、今シーズンからBRIDGESTONEが投入したBLIZZAK VRXは、タイヤの外側と内側で異なるスタッドレスタイヤと低燃費タイヤの技術を応用した非対称形状を採用することで、雪道と雪のない道それぞれの路面への最適化が実現できたと伝えられています。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) スタッドレスタイヤ BLIZZAK VRX 175/65R14 82Q
BRIDGESTONE(ブリヂストン)
売り上げランキング: 11,639

ゴムの経年劣化と年2回のタイヤ交換のコストを考慮すると市街地走行がメインの車だったら、サマータイヤとはハンデが有ることを理解した上で、スタッドレスタイヤの通年使用も選択肢のひとつとして考えてもいいのかもしれませんね。

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Site Menu