草津白根山が噴火の模様

(転載元:気象庁ホームページ)

気象庁発表・1月23日11時05分の情報によりますと。「群馬県の草津白根山で噴火が有り、本白根山鏡池付近から概ね1キロメートルの範囲では噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください」との火口周辺警報(噴火警戒レベル2,火口周辺規制)が発表された模様です。気象庁は現在、噴火が起きたかどうか確認を急いでいます。
また、別のニュースからの情報では、草津国際スキー場にて雪崩場発生し、少なくとも4人が巻き込まれたとの情報や、噴火によって飛んできた噴石などでスキー場のロープウエーの窓が割れてけが人がいるとの情報入っているため、付近に居る方は自治体、消防、警察、施設等の指示に従って十分な安全確保をお願いいたします。(1/23 11:40更新)

<更新>
現地消防によると、雪崩に巻き込まれたり、噴石が当たったりして15人が負傷。また雪崩に巻き込まれた4人のうち3人が救助され、1人が不明になっている、とのことです。(1/23 11:57更新)

<更新>
1月23日(火)11時50分、気象庁は草津白根山に火口周辺警報(噴火警戒レベル3・入山規制)を発表しました。2007年に噴火警戒レベルが設定されてから、草津白根山で噴火警戒レベルが3に上がるのは初めてとなります。
本白根山鏡池付近から概ね2キロメートルの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください、との内容です。対象市町村:群馬県嬬恋村・草津町
これ以上の被害拡大がないことを祈るばかりです。現地の皆様、十分な安全確保の上、避難活動にあたったいただきますようお願いいたします。(1/23 12:53更新)

ライブカメラが捉えた噴煙の様子

(国土交通省 関東地方整備局 利根川水系砂防事務所 草津白根山ライブカメラHPより転載 1/22 11:59)

ライブカメラなどから、麓にある湯畑を中心とした温泉街などには大きな混乱などは見られていないようです。

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Site Menu